大阪で、便利なレンタルオフィスをさまざまな使い道で活用

探す方法

大阪ステーションシティ

大阪と言えば派手な看板やごちゃごちゃした街並を思い浮かべる人が多いでしょう。
しかし、それはほんの一面に過ぎません。
イチョウ並木が印象的なメインストリート・御堂筋。
商店が建ち並び、活気がある心斎橋筋。
それらを中心として、碁盤の目状に道路が交錯します。
そこにさらに淀川、大川などの河川が水都としての大阪を彩ります。
大阪の商業施設として有名なものは、キタやミナミの歴史ある百貨店です。
いくつもの百貨店が鼻を突き合わせて立ち並ぶ様は、他の地域には見られません。
そして阿倍野ハルカスやグランフロントの様な新しい商業施設もまた人気のスポットです。
一点集中ではなく、各エリアに様々な施設が建つ事で活気が生まれています。

大阪には戦火をくぐり抜けた近代建築が意外と多く存在します。有名なものは中之島・北浜地区に集中し、川の間の中州とその周辺に近代建築が立ち並ぶ様は壮観です。
それらの建築はオフィスビルやレストラン、イベント会場として今も大切に使われています。また水の都としての一面も、現代的になりつつあります。
川辺を整備し直し、ライトアップや水上散歩などの様々なイベントを企画して、水とふれあう新しい暮らし方を提案しています。川に架かる橋も昔からのものが多く、美しい光景を生み出しています。
そして大阪の街並を語る上で欠かせないのが御堂筋の歴史です。昭和初期に拡張された御堂筋は幅44m、地下には電車を通すという、当時ではあり得ないものでした。
予算が足りず頓挫しかけたこの計画を救ったのは市民でした。市民の寄付により御堂筋は完成し、今日の街並の基礎を作ったと言えます。
このように大阪の街並とそこに住む人たちは切っても切れないつながりがあります。